世界の村ちゃん

プロフィール

動物職人 村上 哲

由利本荘市出身。昭和35年より動物の飼育、管理に携わる。主に動物の皮膚トラブルの研究を進め、動物心理学、栄養学、漢方など幅広く学びながら、商品の開発に着手。試行錯誤の末、愛犬・愛猫のための「村ちゃん石鹸・ローション」の開発に成功した。

犬づくりをはじめて半世紀

『甘えん坊で温厚、そして人に優しい犬』と、秋田犬の魅力を語る村ちゃん。秋田犬の作出(*1)をはじめて55年。秋田犬の正統といわれる一ノ関系(*2)の指導に尽力した故京野兵右衛門氏に師事し、岡田睦夫氏(*3)や譚秀明氏(*4)ら門弟とともに、強いこだわりを持って、本格派の秋田犬の作出を半世紀に渡り続けてきました。

ドイツとの親善交流

平成4年、秋田市とドイツ・パッサウ市との姉妹都市提携1周年を記念して、ドイツの愛犬家に2匹の秋田犬を贈呈しました。 その時ドイツから秋田犬作出者として、村上氏が選ばれました。 また、平成16年に再度秋田犬5匹、平成22年秋田犬2匹と柴犬3匹を贈呈しました。 その贈呈がきっかけでドイツで犬ブームが起こり、ドイツJKC秋田犬クラブが創設。ドッグショーも行われるようになりました。

これからの目標

『これからも「犬づくり」で社会貢献をしたいという気持ちは強く、現在は柴犬の作出に力を注いでいます。 また、現代病の一つ、皮膚トラブルで悩むたくさんの愛犬、愛猫たちを助けるため、長きに渡り研究を続けている『野草石けん』の特許を取得しました。

*1[作出]良質な血統を守り、展示会での入賞を狙うために、犬を繁殖させること。
*2[一ノ関系]秋田マタギ犬を原種とし、外来犬の交雑を除去して、本来の秋田マタギ犬に近づける改良、繁殖を行う系統。本格派の秋田犬を作出する系統。
*3[岡田睦夫]昭和12年東京生まれ。慶應大学卒業。秋田犬を京野兵右衛門氏に師事。昭和36年、ローヤルハム株式会社を創業。秋田犬系統読本」など著書多数。元社団法人秋田犬協会副会長。
*4[譚秀明]故京野兵右衛門氏に師事し、岡田氏らと共に優秀な秋田犬を数多く作出してきた。一ノ関系作出の功労者。
*5[FCI]国際畜犬連盟(Federation Cynologique Intermationale)